悩みはリウマチ!セレコックスがすぐに解決してくれますよ!

関節痛を和らげるセレコックス

日常生活にある日突然、寝返りをうとうとすると痛みが走る、手や足の関節に鋭い痛みが襲ってくることがあるかもしれません。痛みを放っておくと、何も手につかなくなるほどの苦痛や辛さに耐え続けるのは、とてもしんどい状態です。そのような辛い状況から逃れるサポートをしてくれる薬があります。

自分で自分を攻撃する
ある日、何かしらの影響を受けた免疫が自分の組織を攻撃します。体内にある免疫は、体内に潜入してきた細菌やウィルスを取り払うため攻撃していく担当です。しかし異常の起きた免疫は、本来の役割を忘れ自分自身で体内にある細胞や組織を攻撃し、壊していきます。それにより破壊された骨や軟骨は関節の機能を失ってしまい、関節に痛みや腫れを引き起こしてしまうのです。主に左右同時に手や足に、関節痛が現れます。初期症状としては、体がだるい、熱っぽい、食欲がない、朝起きると手がこわばったり関節の周りが痛いなどがあります。これらは腫れや痛みだけではなく、関節を変形させていくリウマチと呼ばれる病気なのです。

理想的な薬
痛みが出たときに処方されるロキソニンという薬は、聞いたことがあるという人は多いと思います。それをもっと良い方向に改良した鎮痛剤に、セレコックスがあります。関節痛で苦しいリウマチや抜歯時の炎症や痛み止め、解熱など幅広く使用されています有効成分であるセレコキシブが、痛みや腫れ、発熱を発症させる物質プロスタグランジンを作るのを止めてくれます。また、シクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素を通じて作られ、痛みや腫れを発症させる働きと、胃を守るための働き2種類を持っています。ロキソニンは全体に働くため胃を守る働きが落ちてしまい、副作用として胃痛を引き起こしてしまう可能性があります。しかし、セレコックスは痛みや炎症などを集中的に働くので、胃が荒れるというリスクは軽減されます。関節痛や発熱に効くだけではなく、胃を傷つけることも少ないことから理想的な薬といわれている理由なのです。

リウマチにも力を発揮するセレコックスですが、あくまで痛みや腫れを和らげる鎮痛剤ということは忘れてはいけません。原因そのものを治すものではないと、明確に理解する必要性があります。理解したうえで、他の薬との併用は大丈夫か、服用後の副作用の心配など、かかりつけの医師に相談しつつ使用していくことが大切になってきます。